「どうしたら幸せになれる?」幸せになるためには○○が何より大切

f:id:mofumiya:20170701144125j:plain

 

どうも、もふみやです。

 

みなさんには、何か信じている考え方や思想はありますか?

 

もしあなたが何かの宗教を信仰しているのならすぐに「はい」と答えられるのでしょうが、信仰する宗教を持たない人にはちょっと考える時間が必要かもしれませんね。

 

でもみんな何かしら信じていることがあると思います。

例えば「死んでしまったあの人はお星様になってあなたを空から見守ってくれているよ」という考えを信じている人もいれば、「死んでしまったらすべてが無になる」と信じている人もいるでしょう。

ちなみにわたしは「命あるものが死ぬとその生命は宇宙に溶けこみ、そして次の生を受ける」と信じています。

かなり概念的ですが…

 

こういう考え方次第でわたしたちは幸せになれると言ったらみなさんは信じるでしょうか?

 

今回はそんな「信じる」ということについて考えていきたいと思います。

 

世界は思想で動いている

 

以前とある本を読んだ時に「世の中は思想が動かしている」ということが書かれていました。

 

そしてわたしはこの考えに大いに賛成したのです。

 

例えばわたしたちは何かを選択する必要に迫られた時、自分たちが持っている考えを基準に決定をしているからです。

世界中の誰もがそうやって物事を決めているのです。

例えば国を動かす政治家や公務員も。

だからあの本の作者は「世の中は思想が動かしている」と言ったわけです。

世界中すべての人が「人に優しくするのは当たり前」だと思っていたとしたらかなり幸せな世界ができそうです(笑)

 

そしてこの「世の中は思想が動かしている」という考えはわたしたち個人にも当てはまります。

つまり「わたしたちは思想に動かされている」ということです。

「動かされている」と言いましたが行動だけを指しているわけではありません。

わたしたちの感情もかなり思想に左右されています。

 

例えばわたしは不登校だった時、学校に行けないことで随分心苦しい思いをしました。

それは「学校に行くのは当たり前」、「学校に行かなきゃ大人になった時に経済的自立ができない」、「経済的に自立できないのは恥ずかしいことだ」と信じていたからです。

実際には「不登校だから将来経済的に自立できない」ということはないんですが当時のわたしはそう信じていたので心苦しかったわけです。

 

つまり思想や考え方次第でわたしたちは幸せにも不幸にもなり得るのです。

 

どうすれば幸せになれるのか

 

1938年から続くハーバード成人発達研究はかなり有名ですよね。

75年間724人を追跡して彼らの生活を記録し続けたという貴重な研究です。

www.ted.com

 

そしてこの研究の結論はというと「わたしたちを健康に、幸福にするのは良い人間関係に尽きる」 ということでした。

この75年に及ぶ研究の中で「繰り返し繰り返し示されたのは、最も幸せに過ごしてきた人は人間関係に頼った人」でした。

 

では人間関係を疎かにしがちな現代社会でどうすれば幸せに生きることができるのでしょうか?

 

幸せになるのに最も大切だという人間関係はどうすれば良いものにできるのでしょうか?

 

答えは良い思想や考え方を学ぶことです。

 

わたしたちは良い思想や考え方を学ぶことで人間関係をより良くすることができます。

 

例えば誰もが持っている「人を殺してはいけない」というのは良い思想です。

「人を殺してもいい」と思っている人は無意識的に他人を傷つけるでしょう。

でもどんな理由があろうと傷つけられて幸せになれる人はいません。

そして人を傷つければ傷つけるほどその傷は自分に返ってきます。

 

では反対に「人を大切にするのは当たり前」という考え方を持っている人の場合はどうでしょうか。

その人は周りにいる人たちをとても大切にしています。

困っている人がいたらいつでも助けてくれます。

誰だって大切にされたら嬉しいですよね。

 

良い思想は良い人間関係を作ります。

そしてそれが幸福へと繋がっていくのです。

 

良い考え方の基本

 

ではどうすれば良い思想や考え方を学ぶことができるのでしょうか?

 

良い思想や考え方を学ぶと言っても、それが難しいこともありますよね。

ある人は「わたしたちがこの世に生まれた意味は何か」と聞かれてこう答えました。

 

「生まれた意味はない」

 

これは果たして良い考え方と言えるでしょうか?

判断が難しい答えですよね。

考え方というのは人それぞれですから。

 

でもハッキリ言ってしまうと、これはまったく良い考えではありません。

 

わたしたちが「生まれた意味はない」のだとしたら、わたしたちは一体何のためにこの世界に生まれてきたのでしょうか?

 

あらゆることに苦しむ人が増えている理由がここにあります。

 

この考え方はわたしたちを不幸にするものです。

「自分が生まれてきた意味はない」という思想は、「自分が生きている意味はない」という考えを生み出します。

 

ですが、それは絶対に間違っています。

 

わたしたちは誰もが「使命があって生まれてきた」のです。

この世でやるべきことがあって生まれてきたのです。

生きている意味がないなんてことは絶対にあり得ません。

 

使命を見つけるのは難しいことかもしれません。

 

私は現在22歳ですが、わたしの使命が何なのか、わたし自身にもまだわかりません。

でもわたしは「自分には使命がある」と信じています。

だから何があっても負けない。

だから不登校も乗り越えられました。

 

思想や考え方の力はとても強いものです。

 

まずは「自分には絶対に生まれてきた意味があるんだ」と信じてみましょう。

この考え方は必ずあなたに良い影響を与えてくれますよ。

 

おわりに

 

この世に生まれてきた人みんな、使命を持っています。

わたしに生まれてきた意味があるのなら、他の人にだって生まれてきた意味があるはずです。

そう思うと目の前の1人に対して感謝が生まれます。

 

「生まれてきてくれてありがとう」

 

幸せというのはここから生まれるのです。