不登校で自信が持てないあなたへ。そんなときに試してほしい3つのこと

f:id:mofumiya:20170809230827j:plain

 

中学校・高校と不登校だったもふみやです。

 

学校に行かなきゃと思っているのに、どうしても行けない時って、すごく苦しくありませんか?

そのせいでイライラしたり、悲しくなったり。

自分に自信も持てなくて・・・

 

私も学校に行けない時、上手く説明できないけど、とにかく苦しかったです。

毎日家に籠って、インターネットと漫画ばっかりの生活。

「友だちはみんなちゃんと学校に行ってるのに・・・」

そんな劣等感を抱え続けて、どんどん自分に自信がなくなっていきました。

 

でも実は、たとえ不登校でも自信を持つことはできるんです。

信じられないかもしれませんが、本当のことです。

今回は私の体験を元に、自分に自信をつける方法を3つ紹介していきます。

 

できたら自信が持てそうなことをやってみる

 

ちょっと元気があるときにオススメの方法!

 

もし「今日はちょっと元気だな」と感じているなら、何か自信が持てそうなことをやってみてください。

自信が持てそうなことと言っても、自分にとって精神的負担が大きいことは避けてくださいね!

 

私の場合、これは不登校だった時だけでなく今でもなんですが、自信をつけたいと思った時、早寝早起きをすることにしています。

規則正しい生活ができると、なんだか自分が凄い人間のように思えるからです。

早寝早起きは私にとってちょっと頑張ればできることで、できれば気分が良くなることなんです。

だから不登校を克服した今でも、最近自分に自信が持てないなと思った時は早寝早起きに挑戦します。

 

私には超難易度が高いのですが、運動好きなら頑張ってランニングをしてみるのもいいかもしれません。

人によってちょっと頑張ればできることは違うので、自分にあったことをやってみてくださいね。

 

とにかくひたすら休む

 

立ち上がれないくらい心が疲れてるときにオススメの方法です

 

自信を持ちたい時には、ちょっと頑張ればできそうなことをやってみようと言いましたが、人間なんだから頑張れない時だってありますよね。

むしろ頑張れない時の方が多いと思います。

それは、ほんのちょっとでも頑張れないくらい心が疲れてる証拠。

何かに挑戦するより、何も考えずにただ好きなように休む方が大切です。

 

1日中家でダラダラするのもいいし、お出かけするのでもいいです。

自分が1番リラックスできることをしましょう。

他の誰でもない1番大切な自分が元気になるために今日を過ごすのです。

 

私は不登校を克服するのに、3年間ずっと休んでいました。

ほぼ毎日、家で漫画を読んだり、ドラマを見たり、それすらやるのが億劫な時は好きな時に寝たりしていました。

傍から見れば、ものすごく怠けている生活を3年間続けて、ちょっとずつ元気になり、ようやく外に出たいと思うようになりました。

そしてそれからちょっとずつできることが増えていって、だんだんと自信を持てるようになっていきました。

 

不登校の時って、できない自分を責めてしまって、全然心が休まりませんよね。

でも学校に行けないくらい心身ともに疲れているんだから、堂々と休んでいいんです。

本当に心からリラックスして休めるようになると、今までは疲れていてできなかった様々なことができるようになります。

そしてちょっとずつ色々なことができるようになって、必ず自信を持てるようになりますよ。

 

私には生まれてきた価値があると信じる

 

自信をつけるための基本はコレなんじゃないかな

 

不登校で学校に行けない時って、自分は何もできないんだって思いますよね。

たとえ行きたくないと思っていたとしても、みんなは普通に学校に行くことができるのに、自分はそんな当たり前のこともできない。

だから私は何もできないダメな人間なんだって。

 

その気持ち、凄くよく分かります。

私自身、不登校の時にいつもそう感じていたんです。

当たり前のことができない自分がものすごく恥ずかしかった。

たまたま休日に外出して学校の知り合いに会ってしまい、恥ずかしさのあまり一目散に逃げ出したことすらありました。

 

でもこんな風に自分を恥じることなんてないんです。

学校に行けなくても、私たちには必ず生まれてきた意味があります。

この世に生を受けるというのは、そう言い切れるほどに凄いことなんです。

 

何ができなくても、自分には必ず生まれてきた意味があるんだと信じることが、自信をつけるために何よりも大切です。

 

誰が信じなくても、あなた自身が信じられなくても、私はみんなのことを信じています。

 

自信が持てない不登校のみんなへ

 

あなたにとって今は学校が全てかもしれない。

でも本当に大切なのは、学校なんかじゃない。

 

あなた自身です。

あなた自身がこの世で何よりも大切な存在なんです。

 

あなたの価値は、学校に行けるかどうかで決まるわけじゃない。

そんな表面的なことからだけでは、何もわからない。

 

本当に価値ある自分に目を向けて、自信を持ってください。

 

あなたはこの世でたった1人だけの大切な存在です。