頑張れない自分が嫌だ。何もできない自分にイライラするときに。

 

こんにちは。もふみやです。

最近「何もできない状態」が続いていたので、このブログも1ヶ月ほど放置していました。

 

私はよくこの「何もできない状態」に陥ります。

最速1週間で立ち直りますが、長い時は1ヶ月くらい鬱々とストレスを溜めながら過ごすんですね。

「私が普段、鬱っぽくなる理由を考えてみた」でも書いた通り、完全なる悪循環な状態です。

ちょっと前まではこの状態に陥るたびに、それはもう死にたくなるくらい苦しかったのですが、最近では「ああ、またか」と何もできない状態に大分慣れてきました。

 

対処方法もだんだんと分かってきたので、私と同じように「何もできない状態」に陥ってしまっている人のために、解決方法を紹介しようと思います。

 

まずは生活を整えることが第一

 

何もできない時、自分をよく観察してみると、特徴的なパターンが見えてきませんか?

 

私の場合は大抵、寝不足で生活のリズムがとても乱れています。

深夜までネットサーフィンをして、朝なかなか起きることができない。

スヌーズ1時間でようやく起きる、なんてこともしばしば。

 

睡眠のリズムが崩れると体調が悪くなり、仕事や学校に行っても全く集中できませんよね。

帰宅後も夕飯を食べるより、眠気が勝って昼寝(夕寝)をしてしまい、結局夜眠ることができず、また夜更かしを繰り返してしまう・・・

 

これでは眠気によるストレスが溜まる一方です。

 

とはいえ「睡眠が大事なんてことは100も承知だけど、どうしても寝る前のネットがやめられないんだよ!」っていう人も私みたいな人もいるはず。

めっちゃわかりますよ、その気持ち。

「私、ネット依存症なのかな」って思ってましたもん。

 

私の場合、解決方法は「夜にものすごく眠たくなるような生活をすること」でした。

 

ある日、ダイエットしなきゃと思って1時間半くらい大学のキャンパス内を歩いたんですよ。

そしたらその日の夜はネットなんて見ていられないほど眠くなって、なんと10時過ぎには眠るという、ここ数年運動を全くしてこなかった私にはなんともビックリな出来事がありました。

 

それからウォーキングを1時間くらいすると、次の日うっすら筋肉痛になるのと(うっすらってとこが重要!笑)、顔が少しすっきりするという効果を感じたこともあり、週3回ペースでウォーキングするようにしています。

体重変化はありませんし、体型もそんなに変わっていませんが、体が良い感じに疲れて早く眠れるというメリットがとても大きいので、体力作りと睡眠のためにこれからも続けていこうと思っています。

 

普段、運動不足の人は夕方にウォーキングをすることで、夜ぐっすり眠れるようになるかもしれません。

 

たっぷり睡眠のメリット

 

さてさて。

生活リズムが整うと何が変わるかというと、

 

  • 昼間眠くならないので、ストレスがかなり減る
  • 頭がよく働くので、仕事や勉強を気分よく進められる
  • 結果、気分がかなり明るくなる

 

という感じでしょうか。

 

以前、古川武士さんという方が毎日9時間眠るようにしたところ、なんかちょっと眩しくて直視できないくらいの変化をされています。

※詳しく知りたい方は「人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術を読んでみてね。

 

私も9時間とはいきませんが、毎日7時間~8時間くらいは睡眠にあてています。

眠い目をこすりながら課題をやらなくていいというだけで、ストレスのほとんどが消えていきました(笑)

 

本当、睡眠大事です。

 

何もできない時は規則正しく、たくさん寝ましょう!