【不登校】向いている仕事・向いてない仕事

f:id:mofumiya:20180711134251j:plain

 

こんにちは。もふみやです。

 

前の記事で、私はアルバイトがとにかく向いてない、という事を書きました。

【不登校】働くことへの恐怖心 - もふみや日記

 

少なくとも今まで経験した仕事は向いてませんでした。

 

ちなみに、今までに経験したアルバイトは…

  • 郵便局で年賀状の仕分け
  • アパレル関係の販売員
  • 和食の仕出し
  • 飲食店のウエイトレス

 

正直、どの仕事も好きにはなれませんでした。

もちろん向いているとも、全く思えず…

 

向いている仕事を探す

 

だから今の課題はコレ。

自分に向いている仕事を探す。

 

現在、看護学を勉強しているので、卒業後は看護師になる予定なのですが、本当に看護師として働けるのかがとても不安です。

せっかく仕事が見つかったとしても、看護師として使い物にならなくてクビになったらどうしようと思います。

そうなったら他の仕事を探さなくてはいけません。

 

そのことを友人に相談したら、だったら早めに看護助手として、医療機関でアルバイトをしてみるといいね、と言われました。

向いてると思えば安心できるし、もし向いていなくてクビになるようなら、看護師としては働けないということがわかるから、早めに進路変更ができるよ、と。

 

確かに…

 

進路変更先はおそらく企業就職になりますが、もし看護師が向いていなかったらそれもアリなのかもしれません。

 

その人は「アルバイトはとりあえず何でも経験しておけばいいよ。合わなければさっさとやめればいい」と言っていました。

これを聞いて「えええー!そんな感じでいいの?」と思ってしまった私は、働くことに対して変に気負いすぎているのかもしれません。

 

もっと気楽に生きていく術を身に付けたい

 

そう思う今日この頃です。

 

漫画を読んだりとか、アニメを見たりとかしていると、自分がどんなキャラクターが好きか、大体好みがわかってくるじゃないですか。

私はいつも、肩の力が抜けた、器のでっかいキャラを好きになります。

あるいは才能あるを通り越しちゃって、もはや変な人でしかないキャラとか。

※ちなみに上記の条件をすべて満たしている極端なキャラの例は「鬼灯の冷徹」の主人公・鬼灯さまです。

 

私が好きになるキャラは、周りのことをいい意味で気にしない、そんな共通点があるように思います。

何があっても自分のペースを崩さないでいられるというか。

私自身がそうなりたいんだなって思います。

 

なれるかどうかは別にして、自分のペースを崩さずにいられるように、努力はしたいと思います。